MENU
ユウ
長時間労働から抜け出すため副業開始→大金を使い何度も挫折→ブランドリカラー転売を始めて3ヶ月で834,882円の利益を稼ぎ10年間務めた会社を退職→毎日ブランドリカラー転売に全力を注ぐ
カテゴリ

ブランド品をリペアするためにエアブラシや塗装ブースは必要?

ブランド品をリペアするためにエアーブラシや塗装ブースは必要?
  • URLをコピーしました!

ブランドリペア転売を始めるとき、揃える道具を見てみると初期費用に抵抗を感じた方が少なからずいるかもしれません。

できることなら、初期費用を抑えたいですよね。

なので今回は

  • エアブラシと塗装ブースはリペア転売に必要?
  • 安い商品と高い商品、何を選べば良い?
  • エアブラシと塗装ブースを使わなくてもできる方法がないの?

特に費用がかかる「エアブラシ」 と「塗装ブース」 について解説していきます。

最後までご覧いただけたら幸いです。

プロフィール画像
ユウ

【2019年12月】

本業である、トラック運転手を週6日勤務で働く傍ら、ブランドリカラー(リペア)転売を副業として開始。

【2020年2月】

3ヶ月間、働きながらにして、834,882円利益を上げる。

【2020年3月】

現在は10年間勤めた会社を退職し、何をしても結果を出せなかった方へブランドリカラー(リペア)転売を教えることに力を注ぐ。

Add friend

Brand-Re-Color ラインID: @fav7933w

プロフィールはこちらから

目次

ブランド品をリペアするためにエアブラシや塗装ブースは必要?

ブランド品をリペアするためにエアブラシや塗装ブースは必要

ブランド品をリペアするために絶対に必要な道具ではありません。

なぜなら、ほとんどの修復が筆と溶剤があればできるからです。

それならなぜ、エアブラシと塗装ブースを用意したほうがいいのか?

その理由は大きく分けて3つあります。

エアブラシと塗装ブースを用意した方がいい理由

  1. 安心して作業を進めることができるため
  2. 数多くの商品を仕入れられる
  3. コスパがいいため

用意するしないは自由なのですが、後々のことを考えると用意しておいたほうが便利です。

一つ一つ解説していきます。

安心して作業を進めることができるため

靴をリペアしている人

色を染色するための道具として筆やエアブラシを使用しますが、筆よりも精度の高い修復をできるのがエアブラシです。

革の種類によっては、筆で染色したとき小さな水滴が残ったり、跡がついてしまったりする物もあります。

しかし、エアブラシを使えば、霧状に細かく噴射して染色していくことができるため、筆よりも精度の高い仕上げが可能だからです。

絶対に失敗したくない場面や、やり直すにも手間がかかるので安心して作業を進めるためにはエアブラシや塗装ブースはあったほうが便利です。

数多くの商品を仕入れられる

財布とベルトの写真

商品を仕入れる段階で「筆のみで染色できる革」だけに的を絞って仕入れていけばエアブラシや塗装ブースは必要ありませんが、数多くの仕入れ商品を増やすためにはエアブラシや塗装ブースは用意したほうがいいです。

リサーチをして利益商品が見つけられたのに、「エアーブラシを使わないと修復できない」となったら歯がゆいですよね。

なので、一つでも多くの商品を仕入れていくために用意したほうがいいです。

コスパがいいため

僕がリペアをやってみてエアブラシと塗装ブースを用意して良かったと一番感じているのがコスパ面です。

角スレや色落ちなどの色に関わる修復をしたあとには、色落ちしないようにトップコートをする必要があります。

簡易的に缶スプレーでできるものもありますが、コスパはあまりよくないです。

エアブラシと塗装ブースを使えば、1点あたりの商品に対して利益が500円~1,000円くらい変わってくると感じています。

単純に1点で1,000円変われば10点で1万円、100点で10万円損してる計算になります。

なので、長期的にみるとエアブラシと塗装ブースは揃えてよかったと感じています。

リペアする環境次第で塗装ブースは不要になる場合も!

塗装ブースはエアブラシから放たれた塗料をフィルターで受け止め、室内から屋外へ放出する便利な装置ではありますが、お住まいの環境によっては塗装ブースが不要になるケースもあります。

例えば、

  • 窓を開ければすぐにベランダがある場合
  • ガレージや屋根下がある場合
  • 換気扇の近くで作業ができる場合

このような環境が整っている場合には、塗装ブースがなくても可能です。

部屋を締め切った状態でエアーブラシを使うのは体内への影響を考えるとやめたほうが賢明ですが換気機能が整っていたり、屋外でできるような場所があれば無理に塗装ブースを購入する必要はありません。

お住まいの環境に合わせることで費用もなるべくかけずに済むので一度どのような環境なのか確認してみるのがいいですね。

エアブラシと塗装ブース何を基準に選べば良い?

エアブラシと塗装ブースはAmazonやネットで検索して頂くと、ピンからキリまでたくさんあります。

ある程度、高評価のレビューがあったりするものはそれなりに良いものだと思いますが、選んでいい基準がわからないと思います。

僕が実際に使ってみて感じた基準はそれぞれ以下の通りです。

エアブラシを選ぶ基準

  • 作動音の大きさ
  • 噴射圧力の強さ
  • 価格

塗装ブースを選ぶ基準

  • 作動音の大きさ
  • 吸引力の大きさ
  • 作業スペースの大きさ
  • 価格

お住まいの環境によっては、大きな音を出せないとか、作業スペースの問題もあると思います。

なので、僕が実際に使ったことのある3つのエアブラシと2つの塗装ブースを動画にしてまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

エアブラシと塗装ブースの選ぶ基準がわかる記事

エアブラシと塗装ブースを使わなくてもできる方法がある?

エアーブラシと塗装ブースを使わない方法はただ1つ

まずは、筆塗りで修復ができる革商品から始めてみることです。

革の種類によっては、筆で塗った跡がつきやすい革がありますが

裏を返せば塗った跡がつきにくい革もあります。

どちらかといえば、筆塗りでできる革の方が多いです。

塗りやすい革の商品を選ぶことで、エアーブラシと塗装ブースが無くても修復することができます。

なので、まずは筆塗りから始めてみてもいいですね。

ブランド品のリペア転売を筆塗りから始めてみたい方

こちらでは【ランドリペア転売オンラインコース】少人数限定にてご用意しています。

初心者でも分かりやすく理解していただくために「見て学べる!リペア・リカラー動画集」を多数そろえています。

そして、あなたがしっかり稼ぐまで利益保証サポートをさせていただいています。

僕から直接マンツーマンで学びたいと思ってくれた方はぜひ一度オンラインコースをご検討ください。

ブランドリペア転売オンラインコースこちらをクリック↓↓

ゼロスキルから月収50万円継続して当たり前に稼ぐためのリペアオンラインコース

無料相談も24時間受け付けていますので、お気軽にご連絡お待ちしております。

ユウ

友だち追加していただけると、トークルームが開きますので、そちらから通常のラインと同じようにメッセージのやりとりができます。

Add friend

Brand-Re-Color ラインID: @fav7933w

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる